読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいんだーのはてなブログ

はてブなのはてブロなのどっちなの

フリークアウトに転職して丸2年が経った

前職は3年弱で辞めたので、前職生活の2/3以上をすでにフリークアウトで過ごしたことになる。

最初から何でもやるつもりでjoinして、まずは下回りからサーバサイドのことをやってたんだけど、その時はサービスに対する危機意識が低かったと思う。大きいサービスを運用するのはやってきていたけどネット広告は初のことで、いざ入ってみるとソーシャルメディアとは全然違う。単にシステム規模ではなく、運用のシビアさとか、直接的に金銭に関わってくる度合いとか、そういうビジネス的な要求が高い。サービスとして緊張感をより高く持つ必要があると思った。

サービスの成長を支えてリードすべくガンガンインフラ業務を進めていくといろんな問題が起こることに気づいた。
例えば調達戦略。何を、どこから、いくらで、いつまでに調達して使えるようにするか。自前で基盤を作っていると、既に基盤部門のあった会社では見えていなかった問題がたくさん見えてくる。
サービス基盤は空気みたいなもので、問題がないときは意識されないけどひとたび問題が起こると、サービスの将来に深刻な問題を残す可能性も多分にある。
この辺りの基盤づくりについて誤ると中長期的にみればサービスの成長可能性を大きく下げてしまう。

自分はサービスの成長をサービス基盤要因で止めることがないように努めた。サービス基盤を成長にあわせて問題なく構築運用できるプロとして仕事をすることだ。
取り組んだ大きなトピックはふたつで、ひとつはサービス基盤の再構築、もうひとつはエンジニアが増えてもリリース速度と品質を落とさないための施策だ。

サービス基盤の再構築は2つのフェーズに別れる。まず最初は既存の自作サーバを中心としたサービス基盤の改善だ。
いちからインターネット回線を引いて、ケーブルの一本からすべてを調達してシステムを構築する経験は乏しかったが、過去に経験した中古PCを数十台使ったインフラでの知見を活かしてネットワークを構築することができた。
以前はカスケードしまくりで拡張が難しかったネットワークを改善して3倍くらいの規模にはできるようにした。この再構築の時に得た知見は良いことも悪いこともたくさんあるが今も業務に活きている。

しかしながらこの対応も長くはもたず、様々な要因があって次の大きな改善をすることになった。新たな基盤構築である。
サービスのパフォーマンスを損ね、拡張性に乏しいサービス基盤は事業の成長に著しくブレーキをかけることになる、しかしサービス開発エンジニアは全員が必ずしも基盤技術に長けているとは限らないし、そういった作業に当てる時間を作るとサービス開発の速度が落ちてしまう。そこでもう一段階上のサービス基盤構築を模索し始めた。
幸いにも多くの外部事業者の方とお話をさせていただくことができ、多くのインプットを得ることができた。
システムの移行も大きな問題はなく実施できた、クラウド全盛の時代にこのような仕事はそうそう発生するものではないし、そのような機会を数多く経験出来たことは得難い財産になっている。

そんなことをしているうちに、いつの間にか開発エンジニアがえらい勢いで増えた。
この時点でサービス基盤は安定して運用/拡張できるようになっていたし、インフラを担う仲間も増えたがそれを上回るペースで開発者が増えていたのだ。
当然書かれるコードの量も増えていたし、リリース頻度も多くなっていた。必然的にテストの量も内容も様々に増え、テストを通す時間も右肩上がりになる。
ある時必要があってコードに手を入れ、手元の環境でmake testをした時に30分ほどかかった時にとてもイラッとして、開発している人はこんなことをずっと我慢していたのかと思って改善に取り組むことにした。
その内容はYAPC::Asia 2013のトークに詳しいのでそちらを見ていただくとして、この取り組みによって幸いにもBest Talk Awards 2位をいただくことができた。

自分は事業に比較的早いタイミングでjoinしたことで、他ではできなかったであろう多くのことを経験することができた。
これは元から狙っていたことでもあったが、思った以上にいろいろできたので幸運でもあったと思う。

mirakuiさんのエントリにもあるが、急速に成長するサービスを運営するときには開発だけでなく基盤側にも積極性/創造性が多分に要求される。
基盤チームであってもコードを書かないということはありえないし、必要なものは積極的に書いている。
多くのことに取り組んできて実感を持っているのだけど、バックエンドだろうがUIだろうがAPIだろうが基盤だろうが、そこに境界はないと考えている。

フリークアウトでの3年目を迎えたけど、会社もサービスもこれからもっと盛り上がって行くし、やるべきこと、やりたいことがまだまだ山のようにあり、日々戦いを続けていてこれからも楽しみですね。
あとこれだけは言っておきたいんだけど、 フリークアウトはエンジニアを募集しております !!!!!!!


あわせて読みたいクックパッドに転職して丸2年が経った